禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

非喫煙者に迷惑をかけないニコレット

タバコにはタールや一酸化炭素などの有害な物質が多数含まれており、健康には様々な悪影響を及ぼしてしまいます。喫煙者と非喫煙者とでは、10年以上寿命に違いがあるというデータが発表されているほどです。しかも、タバコの煙は周囲へと広がるので、結果的には非喫煙者にも迷惑をかけてしまいます。

タバコが健康には良くないということは既に多くの人が知識として共有しており、喫煙者も当然認識しています。しかし、それでも多くの人はタバコを止めることが出来ません。これは、タバコに含まれているニコチンという物質に強い中毒性があるからです。

ニコチンは、アセチルコリンという神経伝達物質と非常に似た構造であり、脳内の受容体と結合して快楽物質のドーパミンを放出します。これにより、リラックスした状態となるのですが、足りなくなると渇望感に見舞われるようになります。つまり、タバコを吸わずにはいられなくなるということです。

ニコレットは、このニコチンの中毒性を利用した禁煙アイテムです。ニコレットはニコチンを加えたガムで、歯茎にくっつけて粘膜からニコチンを摂取するという使用法です。これにより、タバコが吸いたくなった時にニコレットを使用することにより、禁断症状に見舞われることはありません。

このために、タールや一酸化炭素などのニコチン以外の有害物質からは離れることが出来ます。健康に対するマイナスの影響は、当然軽減されます。また、ニコレットはタバコとは違い、非喫煙者に迷惑をかけることはありません。それは、煙を出さないからです。服や部屋、歯を汚すようなこともないので、家族にも迷惑をかけないということもタバコと比較した場合のニコレットのメリットです。