禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

腹式呼吸と禁煙指導でニコレット依存を取り払う

ニコレットによる禁煙指導も数年前からおこなわれていることですが、そもそもニコレットに依存せずに喫煙をなおし極力禁煙指導に頼らないようにするという心掛けが結果的に自分のためになることは言うまでもありません。腹式呼吸を中心に呼吸法から自分の体を徐々に整えていくことによって、生活習慣からあらゆる隅々まで改善を発見することができます。

腹式呼吸を実践することによって呼吸の乱れを少しでも改善する意識を身に着けることが可能になり、ひいては自分なりの呼吸法を発見することによって呼吸のリズムを整えながら禁煙指導にあやかることができると一石二鳥の構図になるわけです。ニコレットを正しく使うだけでなくこうした地道な努力こそが禁煙への近道であるということを念頭に置いてもらうのがベストなのです。

なぜ呼吸を意識することが禁煙に繋がるのかというと、喫煙を多量におこなうことによって肺細胞が委縮する現象が最悪の場合加速度的に早まることになり、その先はいざ知れずとも最悪の結果を招きかねないことは素人でも想像できます。よしんば腹式呼吸を正しく行えるという人間でも喫煙量そのものが多かった場合は、数多くの肺細胞が危険にさらされておりかつほかの組織も大ダメージを与えられている可能性が高いので、とにかく喫煙に縁のある人間はすべて危険度が高いという意味であてはまるという事実を知るべきなのです。

それでも辞められないのが喫煙というものなので、とりあえずニコレットを使用してみるという心がけ次第から禁煙への道のりが始まるということになります。呼吸法を学ぶことによってどのような呼吸が肺細胞を上手に使うことができるのかという問題意識へつながります。