禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

医薬品の副作用はどうしてなくせないのか

医薬品は病気の時に身体の回復を助ける役目が有ります。
私達の生活の中では無くてはならない物になっています。
しかし、副作用があることも事実です。

それぞれの医薬品会社では、いかに副作用を減らす、または軽減するかを日々研修しています。
しかしそれでも無くならないのが厄介な副作用です。

薬そのものに副作用がある場合もありますが、薬の飲み合わせにより副作用が出る場合があります。

副作用が無くならない理由は「毒をもって毒を制す」という言葉のように、医薬品の役割が体内の病原体を絶滅するために作られているからです。
医薬品自体も身体にとっては異物で、通常は不必要なものなのです。

しかし医薬品をまったく利用しないということは不可能に近いことです。
ですから医薬品には副作用があるということを心に留めておく必要があります。
そして身体に合った、出来るだけ副作用の少ない医薬品を選ぶことが重要です。

更に自分の体質やアレルギー、現在の薬を飲んでいる場合はその内容等をきちんと把握しておかなければいけません。
医薬品を処方されたり購入する場合は、医師や薬剤師に自分の状態を伝え(他に薬を飲んでいる場合は、お薬手帳を持参)、相談することが大切です。