禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

医薬品で後遺症が残るほどの副作用

医薬品を使用する上で気を付けたいのが後遺症の問題です。

薬は基本的に作用したい部位だけではなく、血液を伝ってあらゆる場所に行き渡るものです。
従って、狙っている主作用だけではなく、その他の機能に副作用を起こしてしまうのは避けられません。
眠気などは運転をやめる事で危険に対応する事が出来ます。

一方で、後遺症が残るほど重大な副作用が出る医薬品も中には存在しています。

特に気を付けなければならないのは向精神薬などの医薬品です。
こうした医薬品は、薬をやめても不眠や抑うつ症状を発症してしまう場合があります。

こうした向精神薬を処方された場合は、必ず医師から副作用の説明を聞くようにする必要があります。
自分が使用する医薬品の知識をきちんと身に付けておけば、重大な後遺症が残る前に薬をやめる事も出来ます。

また抗うつ薬では、後遺症として認知障害が残るケースも多々報告されていますので、注意が必要です。

中には市販の風邪薬から生死の境をさまよう副作用が生じたケースもありますので、薬の使用は常に最大限の注意を払う必要があります。
人によっては身近にある市販薬でもアレルギー反応を起こし、重篤な後遺症が残る場合があるのです。
少しでも違和感を感じたら必ず医師にかかるようにして下さい。