禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

人間ドック対策や倹約にもなるニコレットでの禁煙

人間ドックなどの健康診断で様々な数値を指摘されている人は多いです。
様々な内臓の数値において、その数値が正常値から外れてしまうと喫煙者の場合はほとんどの場合でタバコを止めるように指導されてしまいます。
それだけタバコというのは人間の体にとって害のある嗜好品であるということです。
それだけ害のあるタバコはもちろん無料ではありませんので購入しているわけですが、本数にもよりますがかなりの金額をタバコに使ってしまっているのも事実です。
なので、出来るだけ早く禁煙を行うことが人間ドック対策にもなりますし、倹約にも繋がるのです。
しかし、いくら人間ドック対策や倹約になると言っても、そう簡単に止めることが出来ないのがタバコの怖さです。
なかなか自分だけで止めるのは難しいので、ニコレットなど禁煙をサポートしてくれるものを使用することが大切です。
ニコレットはガムタイプのニコチン置換療法になっていて、口腔内の粘膜からニコチンを吸収してタバコを吸いたいという気持ちを抑える禁煙方法です。
ニコレットは、ドラッグストアなどでも購入することが可能な医薬品です。
価格的には12個入りで1200円と、ガムと考えたら高額ですし1日4個から6個は少なくとも使うのでタバコを吸うよりも高くつきます。
これでは倹約にならないと考える人もいますが、ニコレットは永久に使い続けるというものではありません。
基本的には3ヶ月程度で完全にタバコはもちろん、ニコレットも使用しない形になるスケジュールです。
また、最大でも6ヶ月までの使用とするようにメーカーからも指導されているものです。
これから先もタバコを吸い続けて健康を害するのと、一時的にはコストが掛かっても健康になりタバコ代が必要なくなるのでは生涯においては大きく差が出てきます。