禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

人体にまったく害のない医薬品

一般に出回っている医薬品というものには、「人体に全く害がない」というものはありません。というのもそもそも薬というものは、「なにかを殺す毒」であって、それが風邪のウイルスであったり、なんらかの病原体であったりするのです。
ですから医薬品というものは、本来は十分にその使用を気をつけて、よく使用上の注意を守って服用しなければならないものなのです。
一般に医薬品というものは、病院や街医者に限らず、今の時代はどこでも手軽に手に入れる事ができます。しかしそれだけにその扱いは慎重でなければならず、そのために基本的には、薬局では薬剤師の配備が、法で義務づけられているのです。
人体の健康のために処方される医薬品で、人体に害を出してしまっては本末転倒です。ですから医薬品は、本来はそれだけ危険なものなのだという事を常に意識して、慎重に取り扱って下さい。
残念ながら医者も結構簡単に薬を出してしまうのが、一般化していますが、もともと飲まなくていいものだという意識を持って、本当にどうしようもない時にはじめて服用するというスタイルを維持しましょう。
ちょっと体調が悪いからすぐに薬というくせがついてしまいますと、それはかえって健康を害する事になりかねません。