禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・
禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

ニコレットで倦怠感を感じたら数量を減らす

ニコレットはガムタイプの商品になっていて、ニコチン置換療法をサポートしてくれるグッズです。
ニコレットを使ったニコチン置換療法による禁煙方法ですが、ニコレットを使用して3ヶ月ほどで禁煙を成功させるスケジュールを組むのが一般的です。
その方法ですが、タバコが吸いたいと感じたらニコレットを1個正しい噛み方で30分から1時間程度噛んでいきます。
この時に数量は必ず1個ずつというルールを守ることが大切です。
禁煙を開始して最初の一週間から二週間はタバコが吸えないことでイライラしたり倦怠感を感じたりかなりキツい思いをする人が多いので、無理してニコレットの数量を減らす事はしないで使用を続けることが大切です。
必要量はニコチン依存度によって変わりますが、1日1箱程度の場合であれば1日4個から6個程度の数量で開始するのが一般的で。
イライラや倦怠感などが続くツラい時期が過ぎたら、1日の個数を1個から2個程度ゆっくり1週間から2週間程度の間隔で減らしていきます。
無理な感じが無くなってきたら、1日1個や吸いたいと思った時だけ使用するという形にして、最終的にはタバコもニコレットも必要なくなった所で禁煙成功という形です。
ニコレットを使用している時に注意しなければいけないのが副作用の問題です。
かなり刺激を感じるガムになっているので、口の中が痛かったりする場合にはなめたり場所を移動するなど対策をする必要があります。
倦怠感などを感じる人もいますが、何か倦怠感などの副作用を感じた場合は数量を減らすなどの対策が必要です。
また、どうしても使用感が慣れない場合には医師に相談したり、別の禁煙補助グッズの検討も必要になってきます。