禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

禁煙治療のためのニコレットに害があるなんて・・・

今や禁煙外来も出来るなど医療による喫煙治療が進んでいる中、その治療のためのニコレットに害があることを当サイトは指摘します

健康になりたくて使用するニコレットなのに害がある?

たばこを吸っている人がたばこをやめるために開発されたのがニコレットです。
これはガムになっている禁煙補助剤です。
我が国では最もメジャーな薬となっています。
ではこのニコレットですがどのような仕組みで禁煙補助をすることができるのでしょうか。
使用方法に関しては、たばこが吸いたくなったときに1回1粒を30分から60分かけてゆっくりかむだけというとても簡単な方法です。
ニコチンにはさまざまな禁断症状がありますが、その禁断症状であるイライラ感や眠気や集中できないなどの症状を緩和することができます。
何故このような効果があるのかというと、それはニコレットの中に含まれているニコチン分子が、かむことによって放出されるからなのです。
またガムをかむと言うことで口の中が寂しいという感覚をまぎらわせてくれるという効果があります。
ニコレット1粒の中には2㎎のニコチンが含まれています。
しかしここで注意しなければいけないのが、ニコレットを使用したからといってたばこをやめることができると言うことではありません。
禁煙にはやはりしっかりとしたやめるという意志が必要になります。
ここで気になるのが健康に対するニコレット 害です。
ニコレットにはニコチンが含まれているので、副作用が起こることがあります。
その主な症状としては吐き気やめまいや腹痛と言うことになります。
喫煙の習慣がないという人がたばこを吸ったときに起こる急性ニコチン中毒のような症状となっています。
したがってニコレットを使用してこのような症状が現れたときには、すぐに使用を中止するようにします。
また気をつけなければいけないことは、ニコレットを使用しているときにはたばこを吸ってはいけません。

▼禁煙にオススメ
チャンピックス